街頭募金でのようす
↑札幌市内中心部の街頭に立ち募金の呼びかけをするボーイスカウト・ガールスカウトの子どもたち
↑江別市内にある大型スーパー店頭で募金の呼びかけをする募金ボランティアの方々
道内のスポーツチームが赤い羽根共同募金をバックアップ!
北海道共同募金会では「赤い羽根サポーター宣言」特設募金ブースを設置し、全道各地の福祉イベント等で募金活動を行っております。
赤い羽根サポーター宣言」のページ
いろんなところで募金活動してます(一部をご紹介)
ファイターズオープン戦 札幌市 2011年3月5日、6日
コンサドーレ公式戦 室蘭市 2011年6月12日
ふれあいまつり 遠軽町 2011年7月3日
赤い羽根の自動販売機(清涼飲料水)について
自動販売機による募金のしくみ
飲料水を1本購入するだけで、自動的に募金されます。
社会貢献活動(CSR推進)の一環として、募金機能付き自販機を設置していただくことが可能です。
この募金ができる自動販売機は、『誰にでも簡単にできる、地域の福祉に役立つ募金』として、身近な社会貢献活動のツールです。
寄付金は、主に設置いただいた地域で活用される赤い羽根募金として役立てられます。自動販売機の設置が、地元の福祉を応援することにつながるのです。
共同募金会へは 自販機設置者へは
設置される自販機には、専用ステッカーが貼られ、共同募金運動の協力を呼びかけるとともに、売上げに応じて、企業(団体)から寄付金があります。 自販機を設置する場所の提供電気代(約3,000~4,000円/月)負担することで、販売手数料が企業(団体)から支払われます。
↑帯広市グリーンプラザ1階ホール内にて
(平成21年4月13日設置)
↑Bakery&Cafe萌木(福祉の店)店頭にて
(平成21年6月15日設置)
↑新札幌パウロ病院1階売店にて
(平成21年10月28日設置)
ハートフルベンダーのほかに、企業の社会貢献として下記の4社については、新たに設置される自販機から、それぞれ寄付金があります。

北海道コカコーラ・ボトリング株式会社

株式会社伊藤園

サッポロ飲料株式会社

北海道ペプシコーラ販売株式会社