共同募金運動は10月1日から開始
共同募金運動は、厚生労働大臣の告示によって、例年10月1日から募金活動が行われますが、年間を通じて寄付金を受け入れています。
募金目標額(助成計画額)
平成23年度共同募金目標額
北海道の各市町村が、地域での福祉活動を行う為に、必要としている総額

9億2565万1904円

【内訳】一般募金 6億8942万7404円 / 歳末募金 2億3622万4500円

共同募金は、集まった寄付金を特定の配分先などに単純に助成しているのではありません。事前に地域内の社会福祉施設や社会福祉団体、ボランティア・市民活動団体等の各種福祉活動に必要とされる資金ニーズを勘案し、使いみちの計画をたててから募金を行う、「計画募金」です。(※この募金方法は、法律で定められています)
「赤い羽根共同募金運動」は、各都道府県ごとに行われており、災害時など例外を除き、集まった寄付金はその地域内で使いみちが決められます。つまり、「北海道で集められた寄付金は、北海道で使われる」ということです。
さまざまな団体から社会福祉活動の充実、多様な社会福祉の課題に取り組む事業要望等を取りまとめ、その内容について、必用性、緊急性などを考慮し、寄付者の方々に納得いただけるような助成計画をたて、その事業を実施するため必要な金額を「寄付期待額」(目標額)として募金を募ります。ですから、期待額に達しなかった場合、何かしらの事業が実施できないということになります。
募金活動において、目標とする額を達成するため寄付期待額を提示させていただいておりますが、もちろん強制ではありません。赤い羽根共同募金は、これからの日本に「新しい寄付の文化」を根付かせたいという願いをもっています。人々が、いつでも、どこでも、住民相互のたすけあい精神に基づき、自発的に寄付できるようにし、さわやかな気持ちがもてるような習慣を根づかせようという願いです。
今後とも何卒、北海道の民間福祉推進のため、ご理解とご協力をお願いいたします。
寄付金受付口座
口座番号
02770-0-14
口座名義
社会福祉法人北海道共同募金会
お近くの共同募金会へ
全道すべての市町村に「共同募金会」があります。
詳細はこちら(北海道共同募金会名簿)