北海道日本ハムファイターズは社会貢献活動の一環として、2009年より赤い羽根共同募金の活動主旨に賛同し、「赤い羽根サポーター」活動を行っていただいております。
2010年度赤い羽根サポーター宣言結果報告 ~勝利・ヒット募金結果~
勝利募金(74勝) 梨田 昌孝 監督 74,000円
ヒット募金(152本) 稲葉 篤紀 選手 152,000円
ヒット募金(193本) 田中 賢介 選手 193,000円
ヒット募金(151本) 糸井 嘉男 選手 151,000円
球団からの募金 200,000円
合計 770,000円
募金贈呈式の様子
2010年11月20日
ファイターズファンフェスティバル2010の開演に先立ち行われた表彰式にて、『赤い羽根 勝利・ヒット募金授与式』が行われました。梨田監督、稲葉選手、田中賢介選手、糸井選手より、北海道共同募金会を代表して、実際に街頭募金等でのボランティア活動を行っている子ども達などに募金が授与されました。
ボランティアの子ども達にとっては、初めての大舞台でとても緊張したようですが、ファイターズの選手、監督と一緒に共同募金運動を応援している北海道の共同募金ボランティアの代表として、しっかりと受け取ってくれました。
試合会場などで行った募金活動の様子
「赤い羽根サポーター宣言」をしていただいた後、北海道日本ハムファイターズの試合会場やファンフェスティバル会場にて、赤い羽根共同募金ブースを設置させていただき、通常の募金の他に、一定額以上の募金を頂いた方には、オリジナルのファイターズ監督・選手カードや、オリジナルクリアファイルなどを進呈させていただく募金活動を行ってきました。
活動中は、笑顔で募金をして下さったり、激励のお言葉をかけていただいたりと、ボランティアスタッフ一同、みなさまの善意を直に感じ、心身ともに大変充実した活動ができました。
また、試合会場内で展開した赤い羽根募金ブースではご来場のみなさまよりたくさんの募金へのご協力をいただき、ありがとうございます。改めまして、北海道日本ハムファイターズを応援しているファンのみなさまをはじめ、道民のみなさまのあたたかいご協力に、心よりお礼申し上げます。
なお、お寄せいただいた貴重な浄財は、道内で支援を必要としているこどもたちや、障がいをもった方の社会参加支援、一人暮らしの高齢者の見守り活動など、だれもが住みよいまちづくりをめざす、民間社会福祉活動推進のために大切に活用させていただきます。
2010年3月6日(土)、2010年3月7日(日) オープン戦@札幌ドーム
2010年7月3日(土) イースタンリーグ公式戦@芦別市民球場 (※試合は雨天中止)
2010年7月31日(土)、2010年8月1日(日) 公式戦@帯広の森球場
2010年8月3(火)、2010年8月4日(水) 公式戦@旭川スタルヒン球場
2010年11月20(土) ファンフェスティバル2010@札幌ドーム
ファイターズ×赤い羽根募金オリジナルカード(2010年バージョン) -全12種類- (見本)
一定額以上募金いただいた方へプレゼント致します(各種イベント会場限定配布)

Copyright(c) 2018 社会福祉法人北海道共同募金会 All Rights Reserved.