エスポラーダ北海道は社会貢献活動の一環として、2010年より赤い羽根共同募金の活動主旨に賛同し、「赤い羽根サポーター」活動を行っていただいております。
チームからのコメント
エスポラーダ北海道 キャプテン 酒井 遼太郎
「あの人を、すべての人を、支えたい。」
私たちエスポラーダ北海道は、2017シーズンも「赤い羽根サポーター」として、赤い羽根共同募金にご協力いたします。昨年度、北海道は記録的な台風や大雨により甚大な被害を受けた地域がたくさんありました。私たちは赤い羽根共同募金を通じて、少しでもそのような被災地の方々の支えになればと思っております。今シーズンもホームゲーム会場を中心に募金活動を実施いたしますので、ファン、サポーターの皆様も赤い羽根共同募金へのご協力をお願いいたします。今季のエスポラーダ北海道は、昨年につづき若手選手が多く加入いたしました。ベテランと若手が融合するチームを目指し、プレーオフ進出できるようチーム一丸で戦って参りますので、会場に足を運んでいただき僕たちに力をください。そして、赤い羽根共同募金へのご協力も宜しくお願いいたします。

 

2017年度 赤い羽根サポーター宣言結果報告 ~勝利募金~
勝利募金 ~1勝につき 2,000円 募金します~
今シーズン勝敗 勝利募金額
6勝 6分21敗 12,000 円
7/1(土)チャリティMATCHDAY限定ゴール募金 ~1ゴールにつき5,000円募金します~
ゴール数 ゴール募金額
1 ゴール 5,000 円
合計 17,000 円
スポーツチームの選手とマスコットキャラクターなどが街頭募金活動に参加!
2017年10月1日(土)の共同募金運動開始日にあたり、札幌三越前で行われた街頭募金活動に、北海道を代表する方々にご参加いただきました。エスポラーダ北海道からは、女子チームのイルネーヴェより菅野監督と阿部選手、山本選手に参加いただき、71回目の共同募金運動を盛り上げていただきました。

 

試合会場などで行った活動の様子
北海道内で開催されたホームゲーム公式戦の試合会場にて、赤い羽根共同募金ブースを設置させていただき、一定額以上の募金を頂いた方には、オリジナルクリアファイルや缶バッジを進呈する募金活動を行ってきました。
活動中は、エスポラーダ北海道の選手のみなさんやマスコットキャラクター“リスポ”も応援に駆けつけてくれ、率先して共同募金ブースに立って共同募金への協力の呼びかけを行っていただきました。

感謝祭での募金贈呈式の様子
2018年3月18日(日)、京王プラザホテル札幌にて行われた「エスポラーダ北海道・ファンクラブ感謝祭」の中で、キャプテン 酒井遼太郎選手より、2017シーズンの勝利数に応じて積み上げていただいた募金12,000円(6勝)及び、2017年7月1日(土)のチャリティMATCHDAYでのゴール募金5,000円(1ゴール)の合計17,000円の募金を贈呈いただきました。
シーズンを通してご協力いただいた監督・選手の方々、チーム関係者の皆さまに感謝申し上げますとともに、試合会場等にて募金にご協力をいただいたファンの皆さまにもこの場をお借りしてお礼申し上げます。

エスポラーダ北海道×赤い羽根募金 オリジナルグッズ(2017年バージョン)

【クリアファイル】

【缶バッジ】

Copyright(c) 2018 社会福祉法人北海道共同募金会 All Rights Reserved.