エスポラーダ北海道は社会貢献活動の一環として、2010年より赤い羽根共同募金の活動主旨に賛同し、「赤い羽根サポーター」活動を行っていただいております。
チームからのコメント
僕達、エスポラーダ北海道は2014シーズンも「赤い羽根サポーター」として、赤い羽根共同募金にご協力いたします。
北海道民のだれもが毎日笑顔で過ごせるような住みやすい、暮らしやすいまちになるように、勝利募金としてリーグ戦で1勝につき1,000円を募金させていただきます。
またホームゲーム会場などでも募金活動をいたしますので、サポーターの皆様も赤い羽根共同募金へのご協力をお願いいたします。
そして今年も引き続き、障がいをもつ方々へのフットサル教室も予定しておりますので、フットサルを通してスポーツの楽しさなどをお伝えしていければと思っております。
北海道の代表としての誇りを持ち、最後まで諦めないフットサルでたくさんの募金ができるよう全力でプレーします!応援よろしくお願いします!
2014年度 赤い羽根サポーター宣言結果報告 ~勝利募金~
勝利募金 ~1勝につき 1,000円 募金します~
今シーズン勝敗 勝利募金額
16勝 10分7敗 16,000 円
2014年10月5日(日) チャリティMATCHDAY限定ゴール募金 ~1ゴールにつき5,000円募金します~
ゴール数 ゴール募金額
4 ゴール 20,000 円

合計 36,000 円
スポーツチームの選手とマスコットキャラクターなどが街頭募金活動に参加!
2014年10月1日(水)の共同募金運動開始日にあたり、札幌三越前で行われた街頭募金活動に、北海道を代表する方々いご参加いただきました。エスポラーダ北海道より、十川選手と堀米選手、そしてマスコットキャラクターのリスポに参加していただきました。
試合会場などで行った活動の様子
北海道内で開催されたホームゲーム公式戦の試合会場にて、赤い羽根共同募金ブースを設置させていただき、一定額以上の募金を頂いた方には、オリジナルクリアファイルを進呈する募金活動を行ってきました。活動中は、エスポラーダ北海道の選手のみなさんやマスコットキャラクター“リスポ”も応援に駆けつけてくれ、率先して共同募金ブースに立って共同募金への協力の呼びかけを行っていただきました。
  
 
感謝祭での募金贈呈式の様子
2015年3月21日(土・祝)、札幌パークホテルにて行われた「エスポラーダ北海道・ファンクラブ感謝祭」の中で、キャプテン 高山剛寛選手より、2014シーズンの勝利数に応じて積み上げていただいた募金16,000円(16勝)及び、10月5日(日)のチャリティMATCHDAYでのゴール募金20,000円(4ゴール)の合計36,000円の募金を贈呈いただきました。
シーズンを通してご協力いただいた監督・選手の方々、チーム関係者の皆さまに感謝申し上げますとともに、試合会場等にて募金にご協力をいただいたファンの皆さまにもこの場をお借りしてお礼申し上げます。
エスポラーダ北海道×赤い羽根募金 オリジナルグッズ(2014年バージョン)
●クリアファイル
●缶バッジ
Copyright(c) 2018 社会福祉法人北海道共同募金会 All Rights Reserved.